nexus

PROJECT STORY

プロジェクトストーリー

HOME  > プロジェクトストーリ-  > リモート開発とエンジニアの真価

通販システム開発

リモート開発とエンジニアの真価

大手通販会社の基幹システム開発をリモートで実現
ネクサスのリモート開発の真価に迫る

近年、クラウドやコラボレーションツールの普及、働き方改革の推進などに後押しされ、働く場所にとらわれず、システム開発を行う「リモート開発」が広がりをみせている。ネクサスでは10年以上前から北海道支店を拠点としたリモート開発に取り組み、新たな仕事の進め方、働き方にいち早く取り組んできた。

そんな、ネクサスのリモート開発の強みや魅力を紹介します。

第二事業部

プロジェクトリーダーY.M

ネクサスがリモート開発に注力する理由

「リモート開発といえば、Web系の開発をイメージされることが多いかもしれません。ですが、ネクサスでは、常駐型開発が一般的である基幹系システムの開発においても 、リモートを積極的に採用しています。」というY氏は、大手通販会社の基幹系システムの開発・保守を担当し、そのプロジェクトを、北海道支店からリモートで牽引する存在だ。

しかし、そのためには顧客の厳しいセキュリティ要件に合わせた『開発環境』、プロジェクトメンバーとの、知識、情報、複雑な業務要件の『共有力』、さらにリモート実績で育まれた『チーム力』があってこそ、はじめて可能になるという。

「ネクサスはそれが出来る会社です。というのも、単にトレンドや低コストを売りにするためにリモート開発をスタートさせたのではありません。安定した開発力の獲得を目的に、10年以上も前からリモート体制を整え、本社や常駐エンジニアと対等の品質と開発力を磨き上げてきました。そうして、多彩なプロジェクトをリモート開発で実現してきました。」

リモート開発で、プロジェクトリーダーを担い、若手を育成

「よく勘違いされるのですが、ネクサスのリモート開発は、一般的なオフショアやニアショアのように、与えられた仕様どおりに、安価で機械的に作業して終わりではありません。要件定義や見積もり段階から入り込み、クライアントの業務や課題を理解し、改善と提案の意思を持って仕事に取り組んでいるのが特徴です。」

とはいえ、基幹システム開発といえば『常駐』が王道。この大手通販会社とのプロジェクトでも、顧客に近いプロジェクトマネージャーや本番環境に近い常駐チームが存在し、リモート開発チームと連携をとることで、基幹システム開発を実現しているという。では、そこでどんなリモート開発プロジェクトが展開されているのか、Y氏に話を聞いた。

「例えば、大手通販会社の情報基盤の統合プロジェクトでは、リモート開発をしながら若手を成長させるという役割を担いました。」

そこでは、北海道にいるY氏が開発リーダーを担い、リモートで横浜本社に指示を出して、若手メンバーの開発を管理するという体制がとられた。

「リモートでは相手の行動が見えないため、若手メンバーの状況や力量が判断しづらいという懸念がありました。そこで徹底したのが、作業や工程の『見える化』です。『できました!』『まだです!』といった曖昧な言葉のコミュニケーションではなく、実際のプログラムのコードを見て判断しながら、ガントチャート、課題管理表などで、どこが、どこまで、どうなっているかを『見える化』しました。
また、チャットツールなどを活用して、不明点や不安な事は相手の集中力を邪魔しないかたちで気軽に相談できる環境を作り、問題が隠蔽されないチームづくりを心掛けました。
そうすることで、余裕を持った判断や問題解決が可能となり、若手メンバーも進捗管理能力が向上し、チーム力そのものがグッと上がったことが印象的でした。」

こうした大手通販会社の開発プロジェクトでは、本番環境のテスト以外はほぼ全て本社と同じパフォーマンスで仕事を任されているという。

「これまで仕事が途切れたことは一度もありません。目指すべきベクトルもゴールも同じ。たまたま作業場所が北海道だという、それぐらいの意識でいます。」

リモート開発だからこそ、エンジニアの真価が問われる

ネクサスにおいて、リモート開発が目指す姿をY氏に聞いた。

「『この人に、このチームに仕事をお願いしたい』と認められ、卓越した技術力で課題を解決する。それがネクサスのリモート開発の目指す姿であり、ミッションです。」

なぜそこに卓越した技術力が必要なのか、するとY氏はこう答えてくれた。

「リモート開発は、コミュニケーションを通じて得られる情報量が少ないため、開発プロセスで必要なビジネス力よりも、技術力がよりフォーカスされます。少ない情報量であってもその背景にある課題を敏感に察知し、リモートのハンデを補うだけの技術力を駆使して、結果を出すことが求められます。 だからこそ、リモート開発では、より『エンジニアの真価が問われる』と思っています。」

そしてY氏は、札幌で気軽にスキルアップを目指せる場、技術トレンドを吸収できる場を作るべく、活動している。

「実は、北海道でエンジニア コミュニティを主宰しています。定期的に勉強会 を開き、エンジニアだけでなく、情報系の学生から経営者まで、ギークな人たちとの交流の場にもなっています。社外にも活動の場を広げる ことで、固定概念にとらわれることなく、最新技術や手法、改善方法など、様々な気づきが得られるんです。」

リモート開発を根付かせ、エンジニアの幸せを実現したい

最後に、Y氏の今後の展望とは?

「『エンジニアとして幸せに仕事ができる環境を作っていきたい』と思っています。エンジニアの幸せというのは、技術が学べて、成長できて、かつ、安定した収入が得られることだと思っています。
私は以前、首都圏でSEとして働いていましたが、妻が北海道で生まれ育ったこともあり、『いつか北海道に住みたい』という想いを早めに実現したんです。今は、プライベートを優先したり、私のように住みたいところに住んだり、子育てや介護だったり、ワーク&ライフは多様化しています。しかし、それによって、仕事のやりがいや自身の成長を諦めることはない。
ネクサスには、そんな時代にフィットしたリモート開発のノウハウがあります。これを社内外に広く根付かせていきたいですね。」

エンジニアの真価を発揮させるリモート開発を目指し、これからもネクサスは挑戦を続けます。