nexus

RECRUIT

採用情報

HOME  > 採用情報  > 人を知る  > ECサイトの裏側を支えるシステム運用で 自らの成長をとことん追求

システム運用

ECサイトの裏側を支えるシステム運用で
自らの成長をとことん追求

2012年入社

入社動機

ゲームやアプリが好きで「面白そう」「作ってみたい」という軽い気持ちで、IT系の就職を考えるようになりました。一方、私の就職活動期は、不況の真っ只中。そんな時に参加したネクサスの会社説明会では「お取引先様に大手企業が多く、今まで赤字もない」という経営状況の良さが印象的でした。そして、社会人人生をかけて取り組む仕事を考えた時、社会や企業に息づくシステムづくりというネクサスの仕事に強い魅力を感じ、入社を決意しました。

入社1〜2年目

大手通販会社にて、システムの改修を担当しました。最初は、不具合を確認するテスト担当からスタートして、徐々に設計・開発へとステップアップしていきました。そんな中、次の現場への異動が決定。2年間では物足りず、もっと経験を積みたいと感じる中での異動となりました。

入社3年目〜現在

システム運用の担当となり、クライアントと連携して業務を推進しています。1,2年目の私は、自分の担当範囲だけを考えて仕事をしていましたが、ここではクライアントの視点に立ち、システムを使うユーザー、サイトの先のお客様、クライアントの売上貢献にまで踏み込んだ、様々な視点でモノを見る必要があることを知りました。

現在の仕事内容を教えてください。

エンターテイメント系のECサイト(物販やチケット販売など)を裏側で支える、受注・出荷などの業務を担うシステムのサーバー運用を担当しています。
具体的な業務は主に2つ。まず1つめはIBM系の基幹システムの保守・運用業務です。物流システムに不測の事態が起きないよう、365日システムを監視し、トラブルが発生すれば、早急に調査・対応を行います。そのため特徴的なのが、休日・早朝当番があること。早朝当番は、ユーザーがシステムを動かす始業時間より2時間早く出勤して、安定稼働しているかの確認を行います。もちろん、早く出勤する分、仕事は2時間早い16:30に終了。休日・早朝当番の働き方は特殊ですが、通勤ラッシュを避けられたり、1日を有意義に使えるので意外と重宝していますね。
そして、2つ目がシステムユーザーからの問い合わせ対応です。これは、システムの新規機能の追加やサーバー上の膨大なデータベースを活用した対応がメインになります。
例えば、「この商品のステイタスは?」「次のキャンペーンに向けて、対象顧客のデータを抽出したい」「簡単に必要なデータ抽出できる機能がほしい」など、いわゆるユーザーの業務支援の側面が大きいですね。
私の仕事は、ダイレクトに業務効率の向上や売り上げ貢献に繋がり、かつ個人情報などの重要データも多く含まれるサーバーを扱うため、責任の大きな仕事になります。一方で、クライアントからの感謝や信頼をダイレクトに実感できるため、やりがいも非常に大きい仕事だと感じています。

今までで印象に残っている仕事を教えてください。

現在のクライアントを担当して3年目の時、運用チームのビジネスの幅を広げる取り組みを任されました。
これまで運用チームでは、保守している担当サーバーからのみ、データの抽出作業を行っていました。すると、クライアントから「IBM系の基幹システムの業務だけでなく、別の業務もできるようになってほしい」と要望されたのです。これは、ネクサスにとって、ビジネスの幅を広げる、願ってもない機会でありました。
一方、この頃の私といえば、自分の担当業務がようやく理解できるようになった頃。他のシステムは仕様が異なるため、ゼロから理解しなければならず、誰に何を聞けばいいのかもわからない状態でした。
まずは、ネクサスチームで勉強会を実施してもらって、過去事例をひたすら復習。「過去にこのやり方でデータを出していたのは、なぜですか?」など、幾度となく質問を繰り返していくうちに、ネクサスやクライアントの誰がシステム、技術、業務知識に精通しているのかを知り、徐々に要望される範囲を広げていくことができました。
この取り組みが軌道に乗るまでには、ネクサスだけでなくクライアントも含め、本当に多くの方に助けていただいたなと思います。最初は質問責めだった私ですが、そうするうちに皆に顔を覚えていただき、理解度が深まるにつれて仕事が格段と面白くなってきたことを思い出します。そして、今ではクライアントからアドバイスを求められたり、私を指名して依頼をいただけるまでになりました。振り返ればこれが、ネクサスだけでなく、私の仕事の幅を大きく広げ、成長させてくれた転機だったなと感じています。

ネクサスの強みを教えてください。

この現場にいて実感するのが「信頼の強さ」だと思います。ネクサスがクライアントのそばでチームの一員となって仕事をさせていただき、数多くの業務を任されています。そんなネクサスとクライアントの結節点となり、強い信頼の要となっているのが、私の上司であるマネージャーです。
上司は、システム、サーバー、ネットワークなどの技術知識や業務知識も豊富。チームメンバーから見ても、リーダーシップもある方で、誰からも頼られる存在。そんなロールモデルが身近にいるというのは、モチベーションにもなりますし、一方で、この上司や先人の方々が培ってきた信頼を受け継ぐ存在に、自分自身がならなくてはいけないという期待も強く感じます。
ただ、そのステージにいくには、まだまだ未熟。上司はユーザーよりも細かい部分まで業務を理解し、開発や運用を超えた提案や取り組みにまで踏み込んでいます。それに比べて自分は、コミュニケーション力、折衝力、感化力、提案力など、足りない部分は多くあり、もっと積極的に自分に取り入れていきたいと思っています。まずは、一つひとつ技術や経験という壁を超えて、上司と肩を並べられる存在になるべく、日々精進していきたいと思います。

タイムスケジュール

  • 8:00

    早朝当番として出社

    まずは、決められた監視業務を1時間ほど行います。監視項目一覧を管理画面で確認しながら、トラブルがあればエラーメールが飛ぶので、そのエラー対応を行います。

  • 9:00

    「依頼管理システム」をチェック

    依頼管理システムに寄せられた依頼や問い合わせをチェックします。毎日数十件の依頼があり、自分の担当分野を拾って対応します。依頼が5,6件溜まっていると、一日その対応で潰れる感じですね。

  • 12:00

    お昼休憩

    休憩時間は自由。業務が落ち着いたタイミングでとります。ただ12時頃は混み合うので、空いている14時頃が狙いめ。その日の気分で、種類豊富なパスタ屋、居酒屋のボリュームたっぷりランチ…、いろいろ選んで楽しんでいます。

  • 13:00

    運用チームでミーティング

    運用チームでも週1でミーティングを実施。クライアント側のメンバーと行うので、クライアント視点でシステムを見たり考えたりすることが、非常に勉強になります。

  • 17:00

    帰宅して資格取得に向けた勉強

    早めに帰宅した日は、資格取得の勉強をします。ネクサスでは、資格取得を積極的に支援しているので、基礎から学び直そうと、昨年は基本情報技術者試験に合格、今年は応用情報技術者試験にトライするべく勉強中です!