nexus

RECRUIT

採用情報

HOME  > 採用情報  > 人を知る  > 変化が早いから面白い。 証券システム開発で 今もなお続く、挑戦と成長

システム開発

変化が早いから面白い。
証券システム開発で
今もなお続く、挑戦と成長

2014年入社

入社動機

正直、就職すること自体に迷いがあり、当時住んでいた場所付近で、地方への転勤がない会社があるのであれば…と、近場の企業で、塾講師など数社の選考を受けました。採用面接において一番誠実な対応だったのがネクサスでした。その誠実な対応に惹かれ、ネクサスへの入社を決めました。

入社1〜2年目

食品メーカーや通販会社の業務をサポートするシステム開発を通じて、プログラミングを集中して覚えました。クライアントやシステムが変わっても、常に一歩先を「調べる」ことで、技術が苦になることはありませんでした。

入社3年目

AWSのプロジェクトに参画。データ転送や耐障害性、コスト面など、仮説を立て、検証を行うという、実験的プロジェクトを経験しました。その後、図書館システムの改修プロジェクトへ。お客様の要件を聞き、設計、開発、実装、リリースまで、本格的な開発に関わらせてもらった案件でした。

今までで印象に残っている仕事を教えてください。

証券業務に配属して最初の担当案件となった「顧客向けの新サービス」に向けた大規模な開発プロジェクト。これで私は証券システムのダイナミズムを知りました。
プロジェクトは、証券会社の要望から「なにをやりたいのか」「なぜ必要か」を深く探り、それをもとに、要件を見極め、予算やスケジュールを決めることから始まります。そこでは、開発会社と時間をかけて何度もディスカッションが行われたのですが、ポイントが全くわからない私にとって、まず驚いたのは見積りの額の大きさ。しかしそこではなく、ベテラン社員は、その見積り項目だけで、開発の懸念要素をさらりと見抜き、素直に視点の違いを見せつけられました。
設計工程では、設計書を紐解きながら、全ての要望が満たされているかをチェックしていきます。また、システムテスト工程では、設計書に沿って、テスト計画とテストケースに設計内容が網羅的にテストできているかチェックしていきます。ところが、テストケースは数千件にも及びます。そんな時も、「ここは、株式、債券、投資を網羅することをメインケースとすればいい」とベテラン社員からアドバイスをもらって、ついていくのが精一杯でした。
あれから約2年が経ち、様々な証券システムの開発推進を経験してきました。現在はこの新サービスが成功したことで、第二弾の開発推進を私がメインで担当しています。そこでの私は、設計・テスト内容の妥当性やコストダウンにも踏み込んだ深い議論を交わせるまでになりました。

ネクサスの強みを教えてください。

「常に、成長の機会を与えてくれること」です。入社4年目のある日、上司から「第4事業部でやってみないか?」と言われました。第4事業部は、若手はおらず、ベテランエンジニア揃い。証券システム開発推進がメインであり、設計も開発もしないという珍しい環境。そのため、配属にあたっては「断っても良いんだよ」と選択の余地を与えてくれました。その温かい配慮に、人を大切にするネクサスらしさを感じました。しかし、私は成長の機会だと考え、「やらせてほしい」と答えました。
とはいえ、独立系のシステム会社で、大手企業と肩を並べて証券システム開発に携わるというのは、ネクサスのベテラン社員たちが培ってきた信頼あってこそだと感じています。その後継者と言えば大げさですが、20代の私が引き継ぐというのはプレッシャーでもあり、ネクサスの未来を託されていると今でも感じています。
私は、プログラミング未経験からスタートして、多彩なクライアントのシステム開発で経験を積んできました。こうした成長の機会を与えてくれるのは、ネクサスの大きな魅力。こうした経験あってこそ、ようやく自分にフィットする環境にきたと思っています。じっくり開発するのもいいですが、私は変化の激しい、常に学び続ける環境で働く方が面白いみたいです。奥の深い証券市場の中で、学び、悩み、考え続けることで、大きく成長していきたいと思っています。

タイムスケジュール

  • 08:40

    出社

    プロジェクト本部が置かれている会社に常駐しています。

  • 09:00

    打ち合わせ

    1ヶ月のスケジュールを見返すと1日にだいたい5本の打ち合わせが埋まっている状態。朝一の打ち合わせは主にプロジェクトの進捗確認などが多いです。
    システム開発を依頼した、証券会社の起案部署へ打ち合わせ。

  • 10:30

    システム開発会社と定例ミーティング

    システム開発会社とは案件ごとに週に1回、曜日と時間を決めてミーティング。案件が重なると、週に3〜4回の定例ミーティングが入ることもあります。

  • 11:30

    ランチ

    常駐先には社食があるので、そこの定食か持参したお弁当を食べます。

  • 退社まで

    退社まで

    打ち合わせが無い時間は、デスクワークに取り組みます。見積もりや報告資料をチェック。
    翌日にこなすタスクの整理が終わったら退社。予定していた作業が終わっていない場合は、キャッチアップのプランを考えます。(そのあと、たまに飲みに行くことも...)