nexus

RECRUIT

採用情報

HOME  > 採用情報  > 人を知る  > 人気スポーツのWEBサイト開発を通して、 文系から、一人前のWebエンジニアへ。

システム開発

人気スポーツのWEBサイト開発を通して、
文系から、一人前のWebエンジニアへ。

2017年入社

学生時代

大学では文学部で文化財の歴史を学び、ITとは全くの無縁の環境でした。そんな中、地元仲間とはじめた草野球チームにはまり、チームのWebサイト制作を機にITのモノづくりに興味を持ち始めたんです。

入社動機

地元・横浜で働きたいという思いで就活サイトを検索。そこでたまたま発見した横浜のIT企業、ネクサスの説明会へ行きました。プログラミング経験もなく不安しかなかったのですが、文系でもSEとして仕事ができる制度や教育があると聞き、「出身学部は関係ない、それよりも仕事への意欲が大事」という先輩社員の言葉で心が動き、入社に至りました。

現在の仕事内容を教えてください。

参加型スポーツのポータルサイトの開発に携わっています。そのサイトは300万人もの会員を抱える人気サイトで、全国で開催される大会へのエントリー機能を持ち、その関連情報や口コミ情報も充実しているのが、このサイトの魅力。数あるエントリーサイトの中でもトップクラスのアクセス数を誇っています。
このサイトで私が担当するのは、サイトの「改善」に向けた開発業務。クライアントサイドも「この導線をもっとわかりやすくしたい」「こういう機能でユーザービリティを高めたい」など、サイトに対する改善意識が非常に高いんです。そのため、改善項目は長期的な課題から、ユーザーの要望、緊急度の高い修正まで、本当に多種多様。それらを短期間でアップさせなければならないので、まずは優先順位をつけ、現実的な改善の方向性を定めた上で、プログラミング、テスト、導入までを一貫して行っています。

今までで印象に残っている仕事を教えてください。

「ユーザーやクライアントが何を求めているのか」それを改めて考えさせられた出来事がありました。それは、入社1年目の冬、このポータルサイトで新機能の追加を任された時のことでした。
それまで、システムの表面的な修正や機能改善を担い、少しずつ慣れてきた私にとって、初めてシステムの裏側で動く決済システムに関わる案件。クレジットカードやコンビニ払いなど、様々な決済サービスが存在する中で、よりセキュリティの高い決済サービスを追加するというものでした。
期待に応えようと、既存の設計書を元に考えうるだけの変更箇所や新機能を調査し、検証を重ねて実装。その後も試行錯誤を繰り返し、クライアントに見せられる状態までブラッシュアップを続けました。そして、いざクライアントテストへ。すると、決済機能は正常に稼働したものの、クライアントから「ここは修正しないのですか?」と指摘を受け、思わずハッとしました。それはユーザーがその機能で決済を行う際に、やった方が良い修正で、もちろん自分でも気づけたもの。先輩は「仕様にはない部分だから仕方がない」と言いつつも「システムを使うユーザーやクライアントをもっと考えれば、最初の調査段階で気づけたはず」という言葉に、悔しさがこみ上げました。
仕事に慣れてきた私は、技術や機能だけに視界が狭まり、一番大切なユーザーやクライアントの視点でシステムを見ることができていなかったのです。技術向上や機能把握はもちろん大事ですが、必要なのは、より視界を広げ、より使いやすいシステムを目指して精一杯汗をかくこと。これがこの失敗から学んだ教訓でした。

ネクサスの強みを教えてください。

まずは、「IT未経験でも、エンジニアとして成長できる環境があること」です。入社後の研修では、社会人としての礼儀やマナー、プログラミングの基礎を3ヵ月間じっくり学び、その後、配属へ。最初は慣れない作業や膨大なIT知識についていけない時もあり、自分の力のなさにへこむこともありました。しかし、OJT制度によって、マンツーマンで仕事をサポートしてくれた先輩、恥ずかしくなるような初歩的な質問にも熱心に答えてくれた先輩、そうした「人」にずっと支えられて、今があります。そんな人当たりの良さもネクサスの強みの1つです。
1年目の時は、数日かけても解決できなかった機能追加や変更作業も、今では数時間で対応できるようになり、現在では、より難易度の高い機能開発に取り組んでいます。そんな日々成長を実感できる環境こそが、ネクサスの大きな強みなのだと実感します。
そして、これまではプログラミングで自分のつくった機能が動くことに喜びを感じていましたが、最近では「このサイトを使っているよ!」という友人やユーザーの声が、この仕事の喜びであり、私の原動力です。そうした身近なシステム開発に関われるのも、ネクサスの大きな強みの1つではないでしょうか。
まずは、知識と経験を磨き、IT経験のない新入社員を一人前に育てていきたい。そして、自分のチームを抱えてゼロから開発案件を導く存在になっていきたい。自分を成長させてくれたネクサスへ、自分らしい貢献をしていきたいと思っています。

タイムスケジュール

  • 8:40

    出社

    横浜出身で自宅から会社までは30分程度。満員電車に乗らずに通勤できるのも嬉しいですね。

  • 9:00

    作業スタート

    メールチェックをしてから、進行中の開発案件に取り掛かります。お客様との連絡や作業報告はプロジェクト管理ツールを使い、オンラインで行っています。

  • 12:00

    ランチ

    お昼は、チームも私もお弁当派が多数。高校まで野球部で、今も草野球チームで年間約70試合するほどの野球好き。野球情報をWebでチェックしながら食べています。

  • 14:00

    緊急対応

    お客様から急ぎで対応して欲しい修正の連絡があると、そちらを優先して進めます。そんな時間がない状況でも、緊迫感やピリピリした雰囲気を出す人はあまりいません。

  • 17:30

    退社

    作業の進捗報告と明日の予定をチームリーダーに報告し、急ぎの案件がなければ、定時で帰ったり、IT技術の交流会に行ったり、横浜スタジアムへ野球観戦に行くことも。もちろん、私は横浜ベイスターズの大ファンです!