nexus

RECRUIT

採用情報

HOME  > 採用情報  > 人を知る  > 未知の領域へチャレンジできる環境で 着実にエンジニアとしてステップアップ。

システム開発

未知の領域へチャレンジできる環境で
着実にエンジニアとしてステップアップ。

2016年入社

入社動機

大学時代は、軽音楽部でバンド活動に熱中していました。その部活の先輩がネクサスに就職していたことから興味がわき、会社説明会へ。そこで出会った「人」の魅力や温かい雰囲気に惹かれ、IT未経験という不安も一切感じることなく、入社を決めました。

1年目

大手通販サイトの基幹システムの保守・開発チームに配属。プログラムを書く以前に、お客様に提出する設計書に赤字いっぱいのレビューをもらったことが忘れられません。ビジネスの基礎からプログラミングまで、ここで学んだ経験がエンジニアとしての基礎体力となっています。

2〜3年目

常に実力よりも一歩高いレベルの仕事を任され、できる範囲もグッと増えたことで、開発に面白さを感じるようになりました。大規模プロジェクトにも携わり、約6ヶ月をかけ、膨大な改修個所を設計書にまとめ上げて開発を進めたシステムを無事リリースさせた時は、かつてない達成感を味わいました。

現在の仕事内容を教えてください。

3年目より、数百万人のユーザー数を誇る人気Webサイトの開発を担当しています。
現在は、私を含めて3人のスモールチーム。少人数ながらも、フロントからバックエンドまで、多種多様な開発に携われることが大きな魅力です。また、人気サイトゆえに、実現したい機能・UIは数多くあり、開発のスピード感がとても重要。そのため、ここでは効率的な開発環境が特徴的です。
例えば、以前の基幹システム開発では、一つの開発案件に対し、チームでじっくり取り組んでいました。しかし、このWeb開発では、一つの開発案件は一人で担い、全面的に裁量も与えられ、任されています。もちろん一人一案件ではなく、大小様々な複数案件が同時並行で進むため、進捗管理アプリを活用して、チームやクライアントとタスク管理を行い、クライアントとのやりとりもほぼチャットで行うというスタイル。まさに、個々が独立して開発をマネジメントしていく力が求められるのが、このWeb開発の特徴だと言えます。

印象的な仕事を教えてください。

正直、「これが自分を大きく変えた!」と言えるまでのインパクトは、きっとこれから(笑)。今は、このWebサイト開発での開発一つひとつが私にとっては印象的だと感じています。
現在、Webサイトの開発案件の中でも、特に多いのが新機能の実装。先日は、「無限スクロール」を特設ページに採用したいという要望がありました。無限スクロールとは、画面を下へスクロールすると、コンテンツが延々と表示されていく仕組み。まずは、自力で実装方法を調べて、まず実装。するとだいたい問題が発生します。この時も、デザインが崩れたり、地図情報が同期しないなどの様々な不具合がありました。そこから、いかに効率的に問題を解決するか、それが腕の見せ所となります。こういう時は、やみくもに調べるだけではダメ。まず、仕組みを紙に書き出し、絡み合う機能を図解して整理することで、調べるべき情報を絞り込み、効率的に解き明かしていきます。そんな自分なりの解決法を経て、新機能はリリースされます。
問題が難解であればあるほど、その時の達成感は大きく、嬉しくなるんですね。そして、この達成感の数だけ、成長を実感できるこの仕事に大きなやりがいを感じています。今はまだ、日々小さな成長を積み重ね、より大きな挑戦へと繋げること。それが今後のインパクトある仕事に繋がると信じています。

ネクサスの強みを教えてください。

私にとって、仕事が面白いと感じるのは、「新しい知識や技術を自分のものにした時」。そんな環境を与え続けてくれるのが、ネクサスの良いところだと思います。
とはいえ、周りを見回すと、ネクサスには様々な開発領域があり、様々な技術領域におけるプロフェッショナルがいることに驚かされます。もちろん、Web系のトレンド技術を習得することには大きなやりがいを感じます。ですが、やはり「この技術であれば私が一番よく知っている!」と思ってもらえる確固たる技術知識を身に付けたいと考えるようになりました。そして、ネクサスは創業時を振り返ると、オンプレミス型のサーバ開発に強みがありました。そしてこの領域も進化を続けていることから、それを受け継ぐ存在になれればとそんな思いもあり、クラウド型サーバの代表核であるAWSの資格を取得しました。実は、現在の業務でメインサーバとして活用しているので、まずはそこで役に立ちますから(笑)。これからは同じAWSの上級の資格取得も目指したいですし、他の資格にも挑戦してみたい。文系出身の私が、技術を磨いてスペシャリストを目指すなんて、全くの想定外。そんな挑戦や環境を与えてくれるのが、ネクサスなんですね。

タイムスケジュール

  • 09:00

    出社

    横浜出身で自宅が近いので、余裕を持って出社。まずプロジェクト管理ツールをチェックし、クライアントからの依頼や要望を整理。1日のスケジュールを組み立てます。

  • 11:00

    後輩メンバーのフォロー

    後輩の開発にも目を配りながら、相談にのったり、案件のサポートをする時間をとるようにしています。私も先輩にゼロから育てられたからこそ、そういう社風は受け継いでいきたいと思います。

  • 12:30

    ランチ

    自席で食べることもありますが、同僚と外に食べに行くこともあります。横浜駅から10分未満の立地なので、外食には困りません。

  • 13:30

    定例ミーティング

    週に1度のチームミーティング。メンバー3人は、常にコミュニケーションが取れる近さにいますが、改めて、サイトに対する顧客の意向や、ネクサスチームが考えるサイトの将来や課題を議論しています。

  • 18:00

    退社

    自分で進捗やチームの開発が順調であれば定時で帰ります。ギターが趣味で、年に一度のライブに向けた練習がある時は、よりタスク管理を徹底します!