nexus

RECRUIT

採用情報

HOME  > 採用情報  > 人を知る  > 座談会

座談会

ネクサスに入社して変わった自分

入社前の思いや入社後の体験を振り返りながら、
ネクサスでのキャリアステップや
仕事に対するマインドを語っていただきました。

  • ハルさん  (2015年入社)

    職種
    サーバーインフラ開発
    学部
    理学部 生物化学科
    仕事内容
    エンターテイメント系ECサイト(物販やチケット販売など)を裏側で支える、受注・出荷などを担う業務システムサーバの運用を担当。
  • トモさん  (2018年入社)

    職種
    システム開発
    学部
    映像学部
    仕事内容
    通信・ネットワーク関連企業にて、今後のバージョンアップに向けたAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)開発を担当。

二人の就職活動について
教えてください。

  • 僕は、福岡育ちで、大学は京都。音楽やイベントがとにかく好きで、そんなエンターテイメントにもっと触れてみたいと思い、「映像」を学べる京都の大学を選びました。関西も好きでしたが、東京って、やっぱりエンターテイメントの最先端で、音楽イベントも頻繁に開催していますよね。どうせ働くなら、もっと楽しいことがありそうな場所へという憧れから、就活サイトで神奈川・東京を探し始めました。
  • じゃあ、就職は憧れのエンターテイメントではなく、なぜIT企業のネクサスへ?
  • 授業でかじったプログラミングやIT技術にも興味を感じて、まだ知らない世界に視野を広げたいと思い、IT企業を見ていく中でネクサスを知りました。他にも数社面接を受けましたが、地方からの就職活動って、スケジュールもお金の面でもすごく大変で…。その中で、ネクサスは選考フローを柔軟に調整してくれたり、面接も自分を飾ることなく答えられたのが印象的。IT企業でありながら「人への温かさ」を感じたのが、長く働く上での大きな決め手になりした。ハルさんの就職活動って、どうでした?
  • 私は大学は理系で生物学科を専攻していたから、そんな自分の学びと、もともと好きだった「モノづくり」が繋がる仕事があればと、就職活動は製薬会社や食品メーカーからスタートしたの。そんな中、就職企業の紹介で「横浜のIT企業」であるネクサスを知って、中・高・大と学生時代を横浜で過ごしたことから、不思議な縁を感じて説明会に参加したのがきっかけだった。そこで、ネクサスはIT企業である前に「モノづくり」企業であると聞いてより興味を持ってね、面接後には必ずアドバイスを頂けたり、女性社員の方や文系出身でもエンジニアとして活躍されている話を聞けたことで、きっと働きやすい職場だという直感が働き、ネクサスに決めました。トモさんも技術はほぼ未経験で、不安はなかった?
  • 未経験や社会人になることへの不安よりも、新しい土地や世界に飛び込むワクワクの方が強かったことは、今でもはっきり覚えています。

最初にぶつかった壁について
教えてください。

  • トモさんは2年目になって、なにか壁にぶつかったりした?
  • 1年目は、3ヶ月間の新人研修を経て、Web系の開発、IT機器の設定業務、業務システムの軽減税率対応など、OJTで先輩について仕事を学べたことで、一人で抱え込むことなく、業務に少しずつ慣れていくことができました。そして、2年目になって、新たにAPI開発のプロジェクトへ移動したのですが、新しいシステムに、システム独自の言語、飛び交う言葉もわからず、とにかく日々わからないことだらけで、格闘している今がまさに壁です。悩んで時間をかけすぎて迷惑をかけることも多く、申し訳なさを感じてしまって…。
  • 確かに、2年目って、新人ではないから、自分が理想としていた2年目の姿とのギャップに苦しんだな。私も2年目に任された追加機能の開発も上手くいかなくて、先輩に相談すればいいのに一人で抱えこんで、時間をかけた割にバグも多くて…。結局先輩は私のバックアップのために多くの時間をかけることになって、すごく落ち込んだな。
  • ハルさんはその壁をどうやって乗り越えたんですか?
  • 乗り越えたというか、吹っ切れた瞬間があったの。ネクサスが手がけるシステムって、そんな簡単に習得できるものじゃない。だからこそ、2年目で任される壁は高い。それがみんなの通る道でもあるんだよね。でも実は、自分でどう考え、いつ相談して、どう解決していくか、その姿を先輩たちは必ず見てくれていて、育ててくれていたんだと気づけた時に、吹っ切れた。そこから、悩んだり、考えることを、前向きに楽しむことが出来るようになったと思う。
  • 確かに、先輩はすぐに答えをくれるのではなく、思考や発想へのアプローチをもらうことが多いのも、見ててくれているからこそかもしれない。そこから道が開けて、わかることや出来ることが日々増えていくのには、面白さや成長を感じます。
  • そうだね。今は自分のやり方をとことん追求して、考え抜いて、壁を乗り越えてもらいたいな。

ネクサスの
魅力は何だと思いますか?

  • 私はネクサスに“人の魅力”を感じています。以前、社員旅行で“会社の未来”について話し合う機会があって、普段一緒に仕事をしない他部署の方と、議論をしたり話を聞いたりして、仕事に対していろんな熱い想いを持つ人たちが集まっていることを改めて実感しました。日頃、開発現場はバラバラでも、そうした人たちとネクサスを成長させるという想いで繋がっているのが、ネクサスの魅力であり、強さだと思います。
  • 私は、“知らないことをたくさん知れること”だと思っています。ネクサスのシステム開発は、クライアントを理解して、一心同体で進めていくので、IT技術だけでなく、その深い業務知識に至るまで、学べる範囲はとても広いんです。そうした仕事を通して、多種多様なビジネスや戦略を知ることができるのは、好奇心が満たされる感じがしますね。そうした意味でもこの業界、ネクサスを選んでよかったなと思います。
  • あと、小さなことかもしれませんが、休日がきちんと取れること。案件による繁閑差はありますが、毎年有給を含めた長いお休みをとり、友人と、グアム、京都、伊勢神宮など、国内外問わず旅行に行くのが楽しみの1つです。
  • それって、すごく大事ですよね。僕も休日は好きなアーティストのライブやイベントにいったり、趣味のギターを弾いたり。この趣味自体は大学から変わらないですが、社会人になって、費やす金額は格段に上がった気がします(笑)。周りの先輩たちを見ても、オンとオフのメリハリがついている人達が多いと思います。

今後の目標

  • まずは“今”と向き合い結果を出す

    正直、今は目の前のことで精一杯な状態。早く自分自身で案件を完結できるまでになりたいのですが、そのためには知識も経験もまだまだ不足しています。だから今は勉強あるのみ。ネクサスで技術と経験を積み上げ、いつか私の趣味である音楽とITを融合して、人を楽しませたり、喜ばせたり、何か面白いことを仕掛けていける存在へとなっていきたいですね。

  • 誰からも頼られる存在を目指して

    数年前から新人の研修講師を担当し、初年度は想定外の質問やトラブルで向いていないと思っていましたが、試行錯誤で続けていくうちに、頼られる先生へと少しずつ成長する実感があり、面白さを感じています。開発においても、新しいことへの挑戦が自分の成長に繋がると信じ、次のステップとなる、チームやプロジェクトを率いるPLやPMにも挑戦していきたいですね。今後も挑戦を続けて、自分だけのキャリアを築いていきます。