nexus

RECRUIT

採用情報

HOME  > 採用情報  > 仕事を知る

仕事を知る

WORKS

プロジェクトマネージャー

システム開発は数名から数十名というエンジニア達で構成されるプロジェクトチームで行われます。
このプロジェクトチームをまとめ、スケジュールや予算、メンバー構成、お客様との調整を行い、プロジェクトの進行をマネジメントしていくのがプロジェクトマネージャーです。
プロジェクトリーダーとして経験を十分に積んだシステムエンジニアが担う役割です。

プロジェクトリーダー

大規模なプロジェクトになるとプロジェクトマネージャーだけで全てを管理することが難しくなります。
プロジェクトマネージャーに代わって、より具体的にシステムの設計を行ったり、品質管理や進捗状況の管理をしたりと、チームメンバーをリードしてシステム開発を進めていく重要な役割です。
ネクサスでは若手社員であっても、プロジェクトリーダーを任せています。
リーダーとしてシステム開発に携わることで様々な角度から物事を捉えられるようになり、プロジェクトマネージャーになる為のスキルを磨いています。

プログラム開発

リーダーの指示の下、プログラムを開発します。作成したプログラムが正しく動くかを様々な観点からテストし品質の確認をしています。
ネクサスではプログラム開発だけを行う、いわゆるプログラマーという職種はありません。
設計からシステム開発に携わるメンバーが数多く存在しています。
何故そういった設計なのか?見落としはないか?本当にその作りが最適なのか・・・全員がシステムエンジニアとしてより良い結果を出そうとする、それがネクサスのエンジニアです。

システム運用

システム開発の後、システムが正しく動いているかを確認したり、さらに良いシステムになるようにシステムを直したり・・・と、実際にそのシステムが運用されていく中で起きる問題や改善を担当するのがシステム運用になります。
システムは一度作って終わりではなく、業務や人とともにシステムも成長をしていきます。
システムとともに自分自身も成長していけるやりがいのある仕事です。

インフラ構築

システムを支える土台となるのがインフラです。作りたいシステムを実現する為にはどれくらいデータが保管されるのか?どれくらいの処理能力が必要か?コンピュータが故障しても業務が止まらないようにするにはどうしたら良いか・・・など様々なことを考えながら、マシンの構成を決めていきます。
実際にハードウェアの導入や設置、ネットワークの設定からソフトウェアのインストールを行います。
ネクサスでは特にIBM製のIBM i というOSを用いたインフラ構築を得意としています。