nexus

PROJECT STORY

プロジェクトストーリー

HOME  > プロジェクトストーリ-  > IBM iのことならネクサスにお任せください!

IBM i

IBM iのことならネクサスにお任せください!

今なぜIBM iなのか ~ ネクサスがIBM iをご提案する理由

多くのユーザーを魅了し続けるIBM iの魅力とはいったい何なのか。

システム事業部

プロジェクトマネージャーI.A

今なぜIBM iなのか

IBM社からOS/400(i5/OS、旧AS/400・iSeries・System iに搭載されたOS)が発表されてから25年以上が経ちます。高い後方互換性と堅牢性、そして何よりも常に最新のアーキテクチャを採用してきたこのシステムを、汎用機システムからの乗り換えなどで継続して利用しているユーザーはまだ多くいらっしゃいます。また、既存のIBM iユーザーがオンプレミスで2台目、3台目の新規システム構築を行う際に、あえてIBM iを選択するということも少なくありません。

OSSのオペレーティングシステムが世の中を席巻し、クラウド利用が当たり前となった昨今においても、多くのユーザーを魅了し続けるIBM iの魅力とはいったい何なのでしょうか。
私たちは、それは以下の点にあると考えています。

IBM i が選ばれる3つのポイント

① 堅牢性
IBM iは多くのユーザーによってその可用性が高く評価されており、メンテナンス不要の設計思想と相まって、「非常に堅牢なシステム」として広く認識されています。
1分1秒のシステム停止が命取りとなるビジネスシーンにおいて、オンプレミスでシステム構築を行う際には、このことは非常に高いアドバンテージと言えます。



② 高い互換性
IBM iでネイティブに作成されたアプリケーションのバイナリーオブジェクトには、完全な後方互換があると言われています。
ユーザーは過去のソフトウェア資産を損なうことなく、最新のハードウェアに移行することができます。

③ オール・イン・ワンによるシンプルなシステム構成
IBM iはバッチ処理からインタラクティブ処理まで、フロントシステムからデータベースまで、あらゆる種類の処理やミドルウェアに1台で対応できるスケーラビリティを持っています。
「インフラをシンプルにしたい」というニーズは高まっており、IBM iはまさに打ってつけのプラットフォームと言えます。
また、IBM iを稼働させるサーバーであるIBM PowerSystemsは、それらにこたえられる性能を備えています。
TIMI(Technology Independent Machine Interface:仮想マシン)上で動作するオペレーティングシステムや128ビット・アドレッシングなど、
現代においても「最先端」と呼べる技術をベースに実装されているIBM iは、実は最新の開発言語や環境への対応力が非常に高いと言われています。
JavaやPHPはもちろんのこと、Python、Node.jsなどの実行環境が、IBM i標準のライセンス管理システムの下でいつでも簡単に利用できます。
IBM iにはデータベースとしてDB2が標準搭載されていますが、実は、DB2以外にも、MySQLなどのRDBMSをインストールすることができます。
LAMP環境に近い実行環境を簡単に構築できますので、それらに対応したOSS(例えばWordPressなど)を、LAMP環境と遜色なく利用できます。
これらの特徴を重視するお客様には、ネクサスはIBM iを自信を持ってご提案いたします。

お客様のシステムのホームドクターとして

現在運用中のIBM iに関して、機能追加を行いたい、性能改善を行いたい、アプリケーションにトラブルが発生した際、どこに連絡をすればよいのかわからない。
そのようなお悩みはありませんか?
社内に運用メンバーはいるが開発までは手がまわらない。
常に開発があるわけではなく規模も小規模なため、開発メンバーの増員も考えられない。そういった際に少しだけ手を貸してくれるような存在がいれば…
運用中のアプリケーションにトラブルが発生した。
でも、開発時のベンダーとも今は疎遠になっている。システムを理解してトラブルが発生した場合などに駆けつけてくれる存在がいれば…
新しい取引先のシステム、クラウドに新設したECフロントシステム、AIを搭載した新しい分析システム… 多くのシステムと基幹システムを連携させなければならない。
どのような方法があるのか、何が最適なのか、実績があるところに任せたいが…
お任せください。ネクサスはお客様の身近な存在として、必要な時に頼れるホームドクターのような存在になりたいと考えています。
ネクサスには、お客様のシステムのホームドクターとして、アプリケーション開発から、ハードウェア構築まで、トータルなケアを実現するノウハウと実績があります。

これまでの対応事例

1. ハードウェア販売、セットアップ
・IBM iリプレースに伴うサーバー構成設計、ラッキング、設定
複数のAS/400を単一のPowerSystemsへ集約してリプレース
IBM iサーバーとオープン系サーバーの同一ラックへの設置、同時移行
2. サーバーアプリケーション開発
・新規業務システムの開発、既存業務システムの改修・機能追加
要件定義、設計、開発、テスト、リリース、保守
・IBM i以外の既存システムからIBM iへのシステム・コンバージョン
・IBM iの機密保護機能を利用したセキュリティー強化
外部からのDBアクセス(FTP、SQL)のログ取得およびアクセス権限設定、など
・法改正、業界基準改定に伴う緊急のシステム改修
消費税総額表示
自動車リサイクル法
消費税軽減税率制度
PCI DSS対応 など
3. クライアント端末セットアップ
・お客様の拠点へ伺っての設置・設定
4. クライアントアプリケーション開発
・既存のクライアント・サーバー・システムの保守
・ユーザーインターフェースのWeb化
ブラウザ、タブレット、スマフォでの表示とデータ更新
・業務現場で個別に作成されたEUC(Excel、Access、VBA)のIBM iへの集約
・IBM iの情報を専用用紙へ印刷出力するクライアントアプリケーションの開発
5. 外部システム連携
・Webフロントサーバー、情報系システムなどの社内サーバーとの連携
・AWSなどのクラウドシステムとの連携
・決済代行会社などの社外システムとの連携
・各種ミドルウェア、各種プロトコルを使用した連携システムの開発
MQ、HULFT、全銀、Web API、など
6. システム運用・保守
お客様のところへの常駐、またはリモート接続(VPN)による、システム監視およびトラブル対応サポートの実施
Nexus Watch Suite™(弊社製IBM i運用監視ツール)によるシステム監視