nexus

PROJECT STORY

プロジェクトストーリー

HOME  > プロジェクトストーリ-  > リモート開発とエンジニアの真価

通販システム開発

リモート開発とエンジニアの真価

リモート開発だからこそ問われる、エンジニアの真価

「結果が全て」
いいわけがきかないリモート開発の現場で求められるものは?
遠隔地の相手とのコミュニケーションに掛かる負荷を帳消しにしてしまうほどのエンジニアとしての強み。エンジニアとしてもネクサスとしても次のステージへ一歩一歩進んでいきたい。

第二事業部

プロジェクトリーダーY.M

北海道支店におけるリモート開発

近年、クラウドの普及やコラボレーションツールの登場、働き方改革の推進などにも後押しされ、働く場所の制約に捉われずにシステム開発を行う「リモート開発」が当たり前となりつつある。ネクサスでは10年以上前から北海道支店をリモート開発の拠点とし、働く場所に捉われない仕事の進め方に取り組んできた。

一般的にリモート開発といえばクラウドを活用したWebサービスの開発などをイメージするが、ネクサスでは未だオンサイトの常駐型で開発することが一般的である基幹系システムの開発もリモートで行っているとY.Mは語る。これは顧客のセキュリティ要件や要望に合わせて適切なリモート開発環境を準備することは勿論、首都圏のプロジェクトメンバーと知識や情報を「共有」しながら、複雑な業務要件を正確に把握する「体制」、「チーム力」があってこそ、はじめて可能となる。

ネクサスはそれが出来る会社であり、プロジェクトの形態も、新規のSIプロジェクトから既存システムの保守まで、状況に合わせて柔軟に対応が出来ているという。

リモート開発だからこそ問われる真価

言うまでもなく、オンサイト(同じ時間、同じ場所に集まり対面で話す)コミュニケーションは、得られる情報量において最強のコミュニケーション手段です。オンサイトで仕事をすることが当たり前と思っているお客様やメンバーにとって、リモートの相手とコミュニケーションを取ることは、どんなにコストを下げても面倒であることに変わりありません。コミュニケーションコストを補うだけの強み、仕組みを持たなければ、お客様のみならずメンバーからの信頼も得られません。

北海道支店ではこれまで、リモートでも適切なコミュニケーションをとれるよう、試行錯誤しながら様々なツールや手法を実践してきました。現在では効果の薄かった全体での日次報告を廃止し、その都度必要な時に必要な分だけコミュニケーションを取る方法を採用しています。ツールはSkypeやSlackなどを使い分けしており、認識違いが起きないようリモートデスクトップで同じ画面を見ながら確認する手法が定着しました。

リモート開発では相手のタイミングや顔色を見ながら調整するといったごまかしができません。限られた情報量でもその背景にある課題や状況を察知することが求められ、出来上がった成果物の結果で進捗と品質が評価されます。私はリモート開発だからこそ、エンジニアとしての真価が問われると思っています。

また、リモート開発はデメリットばかりではありません。お客様の現場から離れている分、割り込み作業が入りにくく開発に集中できます。首都圏の通勤事情に左右されることもありません。作業場所が分散していることにより人員の増減に柔軟に対応でき、災害時の業務継続にも効果があります。場所の制約を受けず安定した開発労働力を得られることは、プロジェクトのリスク軽減に繋がります。

北海道支店のミッションとは

北海道は、安価で海外に発注するオフショア開発のリスクを避けつつ、首都圏よりも安い単価で開発を請け負う「ニアショア開発」が盛んな地域でもあります。しかし、様々なリモート開発の手法が確立し、競争相手の地理的制約が失われつつある現在では、低単価のみを売りにするニアショア開発は今後ますます疲弊し、優れたエンジニアを集めても維持することができず、淘汰されると予測しています。

私達北海道支店でのリモート開発は、低単価を売りにするものではありません。金融、通販、証券をはじめとした専門性の高い業務知識やシステムに特化した知識、マネジメントからインフラまでカバーする総合的なエンジニアリング能力など、様々なバックグラウンドを持つ個人の経験や特性を活かすことによって、差別化を図っています。北海道支店メンバーのみならず、首都圏のメンバーと共に長年培ったネクサスとしての強みを醸成していくことによって、お客様からの信頼を得ることを信条としています。

開発する場所に関係なく、「この人に、このチームに仕事をお願いしたい」と認められ、卓越した技術力で課題を解決する、それが私達北海道支店におけるリモート開発の目指す姿であり、ミッションです。