nexus

RECRUIT

採用情報

HOME  > 採用情報  > 人を知る  > 頑張ったという経験は「自信」に繋がります!

システム開発

頑張ったという経験は「自信」に繋がります!

2014年入社

現在の仕事内容を教えてください。

現在は証券にて開発推進をしています。
具体的には、プロジェクトの立ち上げ、進捗管理、リリース確認となります。
プロジェクトの立ち上げでは、証券から提示された要件に対してシステム的にどのような対応ができるのか、
また、どのような課題が残るのかをユーザに説明し、合意を得ます。
システム開発工程では、開発の進捗や品質を管理し、次工程に問題なく進めるかを判断します。
リリース確認では、作った機能が正しくリリースされているか、ほかの機能に問題を起こさせていないかを確認します。
案件の立ち上げからリリースまで、ユーザと会話をしながら進めるので、ユーザの目線に立つことが大切な仕事だと感じています。

ネクサスの人の特徴は?

優しい人が多いように感じます。
今まで何度か現場が変わることがありましたが、どこの現場にいる方も、現場のルールや雰囲気を教えてくれます。また、仕事が溜まっていないか、早く帰れているかなども気にかけてくださるので、何かあったときには相談しやすいです。
将来は、自分も周りのことを気にかけることができるようになりたいと思っています。 

成長のきっかけとなった転機は?

事業部の異動です。
もともとは、システムの開発を行っていましたが、プロジェクトの推進業務に移りました。
まだ1年間しかプロジェクト推進業務をしていませんが、大きく成長できたと思います。
プロジェクト推進を行うためには、プロジェクト全体をさまざまな角度から見る必要があります。
開発だけを行っているときでは、このような考えはできていませんでした。

仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?

大きな案件が無事にリリース完了したときです。
大型の案件では、1つの案件に1年以上携わることもあります。そのような案件が無事にリリース完了すると、「やりきったぞ」という達成感を感じます。また、自分が携わっている案件に関する質問を、自分にされたときなども、自分が頼りにされていると感じます。これもやりがいの1つです。

今後の目標を教えてください。

「この先このシステムはどうなっていくのだろう」や「今後このプロジェクトでは○○が必要になりそう」のように、時間軸を見据えた視野をもつことです。プロジェクトによっては、自分が担当しているシステム以外の様々なシステム(周辺システム)が関係するものもあります。担当外のシステムといっても、自分たちが担当しているシステムで取りまとめを実施することが多いです。周辺システムのスケジュールや人の動きなど、見落とさないように把握したい。

就活生へのメッセージ

今自分ができることを精一杯に頑張ってください。自分が頑張ったという経験は、自信に繋がります。他人に否定されても、自分が正しいと思うことを曲げないでください。他人の言いなりはきっと楽しくありません。分からないことはわかる人に聞いてください。分かる人を知っているというのも能力の一つです。分からないことは恥ではありません。ただ、分からないことを放っておくのは恥ずかしいことだと思ってください。
とにかく今自分ができる精一杯をやってください。