nexus

RECRUIT

採用情報

HOME  > 採用情報  > 人を知る  > 文系でも大丈夫!!

システム開発

文系でも大丈夫!!

2016年入社

現在の仕事内容を教えてください。

Web開発チームに所属しています。お客様のシステムはAWS(Amazon Web Services)上で構築されており、javaやjspといったプログラミング言語を使用しています。
具体的な仕事内容としては、最近だとお客様の事業の中でも海外向けサイトの開発を担当することが多いです。
検索機能刷新、決済方法の追加など、「お客様のお客様」にとても近い部分の開発をしているため、認識の相違が起きないよう意識しながら開発を行っています。

ネクサスのいいところを教えてください

自分がまだ経験したことがない分野に挑戦する機会を与えてくれるところです。
私は入社当初から1年半ほど通販系のお客様先で基幹系システムの保守・開発を担当しておりました。しかし現在はポータルサイトのWeb開発チームに所属しております。
サーバーのOSやプログラミング言語はもちろん、業界も異なるお客様で仕事をするのは大変なことも多いですが常に新しいことに囲まれているためとても新鮮です。

アプリケーション開発でこれまで苦労したことは?

お客様の業務の中でも重要な部分をプログラム化する機会がありましたが、それは非常に苦労した思い出があります。
データの使い方や取得の仕方は既存の動いているプログラムを参考に作成したのですが、それがとても歴史あるもので読み解くのがとても大変だったのを覚えています。
複雑な機能だったため、膨大なテストをチームで協力して実施し、とにかく実行結果を確認するという方法で乗り越えました。

仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?

新しい知識が身についたとき、理解が深まったときにとてもやりがいを感じます。
入社当初は右も左も分からなかったですが、先輩方の指導やプログラム解析、開発を通して知識をつけていくと、自分の中で分かること、できることが増えてきました。
自分の知っていることでお客様やチームの人たちの助けになれた時は嬉しさを感じるとともにもっと色々なことを身に着けたいなと思います。

今後の目標を教えてください。

私が現在仕事をしているところでは、機能ごとにアプリケーションサーバーが複数存在しています。
そのサーバー間での連携や通信は設定一つでうまく動かったり、意図しない動きをしたりします。
また、私たちが開発した機能以外にも外部のサービスを使用する場合にも通信の設定やデータの形が決まっています。
そのためサーバーインフラ周り、通信関連の知識を深めてプログラム開発をよりスムーズに行えるようになりたいと思っています。

就活生へのメッセージ

私は文系出身ですが、就職してからの研修やOJTでIT知識を基礎からしっかりと学びました。
もちろん分からないことや難しいことも多いです。しかし勉強することで知識をつけることは誰でもできます。

SEという職業は、「考える仕事」だと私は思います。そういった意味で、文系理系の差はそこまで重要ではないと感じています。
文系の方もぜひSEという職業を就職先の選択肢に加えてほしいと思います。