ニアショア開発スキーム

オフショアを活用し、開発コストを低く抑えたい。でも、品質やプロジェクト推進に不安がある。
そのようなお悩みはありませんか?

⇒ネクサスでは、オフショア(海外拠点)ではなく、ニアショア(北海道拠点)での開発スキームを提供し、言語、文化の違いによるプロジェクト推進への懸案をなくした上で、品質の確保、開発コストの抑制が可能となります。

ニアショア(北海道拠点)の特徴

  • 北海道大学、はこだて未来大学など情報系の学部・学科を有する大学が多く、優秀な人材の確保が容易である
  • 地元志向の技術者が多いため、確保した人材の流出率が極めて低く、プロジェクトで蓄積されたノウハウ・スキルを安定的かつ長期的に提供できる
  • 文化・生活様式の異なる海外での開発に比べ、日本人による開発は安心感がある
  • 首都圏での要員確保を行うケースと比べ、コストパフォーマンスを得やすい

ネクサスは北海道支店において、ニアショアをすぐに実施できる環境(20~30名まで対応可能なオフィスの確保、テレビ会議システム、VPN回線等)を整えています。

ネクサスのニアショア拠点(北海道札幌市)

設備

エントランス

プロジェクトルーム入り口にはICカード認証装置を設置

TV会議室

TV会議用にインターネット回線を引いているため、会議使用時以外は施錠し、使用不可

事務室

会議室

  • エントランス
  • TV会議室
  • 事務室
  • 会議室

ニアショア事例

業種 システム内容 担当範囲・工程 規模 期間
証券 基幹システム開発
・保守
詳細設計、プログラム開発、
単体テスト、結合テスト、保守
80人月 / 年間
(保守)
2008年1月~現在稼働中
通販 基幹システム開発 詳細設計、プログラム開発、単体テスト 15人月 4ヶ月